利益の出し方〜その3〜

利益の出し方〜その3〜

株式投資での利益の出し方は大きくわけて3つ。
今回は”株主優待”について解説します。

株式投資のオーソドックスな利益の出し方は売却益と配当金になります。
しかし利益を上げるという目的よりも、お得な権利を得るために株主になる投資家もいます。
それが”株主優待”のメリットです。

株主優待とは、株券を所有している企業の自社製品や自社施設などの利用券を無料や割引でプレゼントしてくれる制度です。
初心者の方が株式投資を始めたきっかけが、優待目的という方もたくさんいます。

株主優待を得る条件としては、現物株を所有することです。
信用取引で買っていてもダメなので気を付けてくださいね。
あとは、権利確定日までに株主名簿への登録が必要ですね。
この2つさえ条件が揃えば、株主優待を受けることができます。

食品会社であれば、食事券、または商品の割引ですよね。
旅行会社であれば、旅行券、ホテルの宿泊割引など。
全ての企業が行っているとは限りませんが、現在では約1/4ほどの企業が実施しているとのこと。

ちなみに、株主優待の商品が自分の手元に届くのはけっこうな時間がかかるのご注意を。
株主優待の割当基準日から約3ヶ月後くらいが基本らしいです。

株式投資のリスクは3つ利益の出し方〜その2〜

copyright(C)ど素人の株式投資