そもそも株って何?

そもそも株って何?

そもそも”株”って何なんいでしょうね?
まずはここから始めたいと思います。

簡単に言っちゃえば、

『企業が事業資金を調達するために発行する証券のこと』

これを株と言います。
企業が始めるにしても、継続するにしても必要なのは資金ですよね。
小さな企業ほど、最初から多くの資金を持っているわけではありません。
ここで不足分の資金を不特定多数の人から調達します。
お金を出してくれた証明として発行されるのが証券であり、株式になります。

このような仕組みでできている企業を”株式会社”言います。
調達した資金を”資本”。
資金を出してくれた人を”株主”と呼ぶので覚えておきましょう。

そして株式を持っている株主は、資金を出した企業が得た利益を配分してくれる権利を与えられます。
更には企業の運営方針を決めるための議決権を持ったりできるのが株式の特徴なんですね。

実は、会社で一番えらい人は会長や社長ではなく株主です。
株式会社は本来、株主のものだというわけなんですね。
そして手元にある株は、株式市場で売買が可能です。
現在の株の値段を”株価”と言い、この株価を見ながら売買をする…これは”株式投資”と言われるわけです。

売り上げが良い企業の株価は上がります。
逆に売り上げが悪い企業は株価が下がり、だれも買いたくない株になってしまいます。
これは商品と一緒で、業績が良い株価は人気があるので高く、業績が悪い株価は人気が無いので安いです。

株式投資は、業績が伸びそうな企業を見つけ、その株を買って株価が上がるのを待つことが基本と言えるでしょう。

利益の出し方〜その1〜

copyright(C)ど素人の株式投資