株式投資のリスクは3つ

株式投資のリスクは3つ

株式投資をするに当たって、ワクワクするあまり利益を上げることしかイメージできない人が多いと思いますが、それはとても危険な状況かもしれません。
気持ちはわかりますが、利益が出るということは必ずリスクがつきまといます。

株式投資のリスクを知ることで、怖さを知ることもできますが、逆にリスクを避ける術を知ることもできます。
ここで上げる3つのリスクを覚えておきましょう!

1つは”株価が値下がりするリスク”です。
株価が上昇することで発生する利益を売却益(キャピタルゲイン)と説明しました。
これとは逆に株価は下落すれば、損失が出ることは皆さんもご存じですよね。

株の怖いところは、株を売るタイミング次第で損失を取り戻す可能性もありますし、損失がどんどん増えていく可能性もあるということ。
いかに損失を減らすかを「損切り」と言いますが、この損切りのタイミングが一番の要になってくるのではないでしょうか。

そしてもう1つは”株を現金に換金するまでのリスク”です。
株券は売ることができなければ、換金しなければただの紙切れ同然。
買い手が出てこなければ売るとこはできないので、買い手が見つからない場合は売値を叩かれてしまう可能性もあるというリスクです。

そして最後の1つは”会社が倒産するリスク”です。
これはもう全てがパーになってしまうケース。
企業が倒産し、まさに株券が紙切れを化す状況のリスクになります。

利益の出し方〜その3〜

copyright(C)ど素人の株式投資